忍者ブログ
[7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]

DATE : 2017/12/18 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/08/07 (Mon)

今日は道端で物を拾った。

お母さんにはいつも、「変な物を拾っちゃ駄目よ」と言われていたけど、とてもおいしそうだったので、拾ってしまった。
大きなのり巻きを。

「おかあさーん、ただいま!ねぇねぇ、これ・・・」

僕は、お母さんにさっき拾ったのり巻きを渡した。
とにかく早く食べたい。
僕は包丁で手を切ったことがあるから、お母さんに切ってもらうのだ。

「また変な物拾ってきて・・・えっ!?」

「お母さん、どうしたの?」

「な、なんでもないわ。こののり巻きを拾ったことは誰にも言ってないわよね?」

「うん。それがどうしたの?」

「なんでもないわよ、なんでもない。あのね、冷蔵庫にケーキあるから、のり巻きはやめてケーキを食べなさい」

「えっ、だって、あれはお客さん用でしょ?僕はのり巻きでいいよ。早く切ってよ」

「いいから、ケーキを食べなさい!」

なぜかお母さんはのり巻きを食べさせてくれなかった。
でも、ケーキが食べられるなら、それでいいや。

 

 

 

 

 

・・・と書いてある掛け軸を、道端で拾った。
広げてみると、中に書いてあったのである。

一体これは何を表わしているのだろうか?

道端に落ちていた大きなのり巻き。
それを拾った子ども。
ケーキを使いのり巻きを子どもから回収した母親。

なんなんだ?
のり巻きとは一体・・・?
なぜ母親はのり巻きを回収したんだろう・・・?

俺には全くもってわからない謎だ。

俺はこの謎をずっと考えながら、帰宅した。
妻にも話してみる。

「バッカねぇ!簡単じゃない」

妻は謎が簡単に解けたらしく、俺よりも高い次元に行ってしまった。
例えると、表彰台の下にいる俺と、表彰台の上にいる妻。

「なんで気がつかないの?あなたも相当マヌケね・・・」

気がつかない!?
何か俺に関係のあることなのか?

「頼む、教えてくれ!」

俺は妻に頭を下げた。
妻は重くない口を開いた。


「あなたが拾ったものは何?」

「掛け軸だが・・・それがどうした?」

「はぁ・・・」

妻はため息を吐いた。
完全に呆れている。

「どこからどう見ても掛け軸だよ!それがどうしたんだ!?」

「じゃあね、子どもが拾ったのは何だった?」

「大きなのり巻きだが・・・それがどうした?」

「はぁ・・・」

妻はまたもやため息を吐いた。
完全に呆れている。

「まず、最初に言っておくと、あなたが拾ったものと、子どもが拾ったものは同じね」

「なんだって!?じゃあ、俺が拾ったコレは掛け軸じゃあなくて、のり巻きだったのか!!こんなのり巻きが世の中に存在するとは・・・!食品の加工技術は日本が一番じゃあないか?なあ、そうだよな・・・ん?」

「はぁ・・・」

またため息を吐かれた。
妻はもっと高い次元に行ってしまった。
例えるならば、校長室から校庭を見下ろす妻と、校庭の砂場で埋められる俺。

「あのね!あなたの拾ったのは掛け軸!子どもの拾ったのも掛け軸なのよ!」

「は・・・?だって、大きなのり巻きだって書いてあるじゃないか!」

「子どもの思ったことでしょうが!その子どもは、拾ったものが掛け軸だってわからなかったのよ。それに、大きなのり巻きって何よ?」

「世の中にはバカな子どももいたもんだなぁ・・・!ハッハッハ!!」

「はぁ・・・」

ひときわ大きなため息を妻は吐いた。
なぜだ?
俺は何も間違えてはいない。
まあ、それはいい。
妻が何か勘違いをしているのだ。

「・・・じゃあ、なぜ母親は掛け軸を子どもから回収したんだ?そこだけはどうしてもわからない」

「子どもの拾った掛け軸に値打ちがあるかもしれないでしょう?母親は、もしかしたらの可能性に目が眩んだ。それに、遺失物法ってあるでしょ?あ、あなたが知っているはずはないわね・・・」

カチン!
さすがに、これには俺もキレた。

「俺だって、石粒砲ぐらい知っているわ!!子どもの時によく石粒を大砲のように打っていたもんだ。懐かしいな、あの頃が・・・」

「はぁ・・・」

妻は今日一番のため息を吐いた。

 

 

 

<終わり>

 

 

 

明かされなかった謎①

以下をドラッグすると見えます(隠す意味がわからないが・・・)。

子どもが掛け軸を拾った話が、なぜ"俺"の拾った掛け軸に書いてあったのか?

ちなみに、"俺"の拾った掛け軸の文章を書いたのは子どもである。
なぜなら、あの掛け軸には子どもの思ったことが書かれているからである。

一体、なぜだ!?

 

明かされなかった謎②

なぜ、子どもは"これ"としか言っていないのに、母親は"こののり巻き"と言ったのか?

一体、なぜだ!?

この謎は私にもわからないぞ!!

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: MiThy
僕にはわかりましたけどねぇ(ニヤリ)

まあ、とにかく、いいお話でした。プロの作家になれると本気で思います。
URL 2006/08/07(Mon)14:57:36 編集
わかったんですか!?
母親が超能力者だった(嘘)

コンスタントに書けないので、プロになったらクビが飛ぶでしょう・・・
【2006/08/07 21:16】
★無題
NAME: 凸
え?分んないです。
初めは掛け軸は子供の日記帳でのり巻とは別だと思ったんですけど。

石粒砲に爆笑ですww
URL 2006/08/07(Mon)19:22:32 編集
[常任湯気上人] コンフュージョン
掛け軸ものり巻きも似たようなもの、ということで・・・笑点お開き
石粒砲と遺失物法が似ているとかねてから思っていたのですよね~(嘘)
【2006/08/07 21:20】
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
常任湯気上人
性別:
非公開
あづ
カウンター